マイナチュレ完全ガイドブック

MENU

薄毛に悩む女性たち

意外と多い女性の薄毛。どれくらいの割合で薄毛になるの?

髪の毛は、女性ホルモン(エストロゲン)の影響を受けやすいと言われています。
妊娠・出産期や更年期などホルモンバランスが乱れる時期は、髪の悩みも増えがちなんですね。
特に40代くらいから女性ホルモンは減りはじめ、更年期や閉経によってガクンと減ってしまいます。
この時期に、髪の毛の質が変わり、抜け毛も増えてくるのは、実は自然の流れだったりもするのです。

 

年齢とともに肌の衰えと同様に、髪の毛の質が落ちてくるのも、老化現象のひとつです。
特に40代からの更年期世代は、女性にとってライフイベントや家庭環境などのストレスも増大する時期ですよね。
昔の女性たちも同じ薄毛の悩みを抱えていたはずですが、口にせず密かに一人で悩んでいたのかもしれません。

加齢による女性の薄毛は半数以上

意外と多い女性の薄毛。どれくらいの割合で薄毛になるの?

女性は30代くらいから髪の本数は少しずつ減ってきます。
髪の太さも年齢によって変化しますが、一番髪の毛が太いのは30代後半で、それから徐々に細くなってきて、ハリやコシも無くなってきます。
自分で気づくのは40代くらいからで、薄毛とまで思わなくても、なんとなくボリュームが減ったように感じる人が増えてきます。

 

薄毛で悩んでいる日本女性は10人に1人くらいですが、悩むほどでなくても「なんとなく髪質が悪くなった」「細くなった気がする」と感じている女性は40代では半数以上です。
50代以上となると、7〜8割の女性が髪の毛の衰えを実感しています。

 

もともとの髪質が剛毛で、硬くて、太くて、量も多い、と若い頃は苦労していた女性は、年齢とともに髪が細く柔らかくなってきたとして、ちょうどよくなったと感じているケースもあります。
とはいえ、若い頃よりもハリやコシが減り、ボリュームダウンしたのは事実なんですね。
髪の衰えはレベルによって悩みになる場合とならない場合がありますが、加齢とともに髪質が低下していくのは間違いありません。

加齢による薄毛の悩みは、男性より女性に多い

意外と多い女性の薄毛。どれくらいの割合で薄毛になるの?

男性が加齢により薄毛になるのは一般的なことで、若い頃に悩む男性は多いのですが、40代50代になると諦めや開き直りから、気にしないという人も増えてきます。
逆に女性では、40代以降から少しずつ気になる人が増えてきて、男女の割合が逆転します。
加齢による薄毛でも、積極的な薄毛ケアによって進行を遅らせたり、予防することは可能です。