マイナチュレ完全ガイドブック

MENU

薄毛と女性ホルモンの関係

薄毛になる原因としては、女性ホルモン(エストロゲン)が減るという要因があります。
エストロゲンが減少すると、毛髪サイクルの髪の毛の成長期が短くなり、休止期が長くなってしまい、毛穴から毛髪が生えていない期間が長くなるのです。
1つの毛穴から3本くらい生えていた髪の本数が1本だけになったり、1本の髪の毛も細く痩せて弱くコシが無くなったりもします。

 

女性の場合は、妊娠・出産期や更年期から閉経期など、女性ホルモンが減ることが、人生において必ずあります。
出産後に抜け毛が増えたと悩むママも少なくありません。
妊娠出産の経験をしない女性でも、初潮があれば生理があり、年齢を重ねると閉経も必ずありますよね。
そのために40代以上になると、髪全体のボリュームが減って、頭頂部がペタンとつぶれたようなヘアスタイルになりやすいのです。

女性のホルモンバランスとは?

女性のホルモンは、卵巣の卵胞からエストロゲン、黄体からプロゲステロンが分泌されていて、脳の指令によってバランスをとっています。
ストレス過多などで自律神経が乱れると、その指令も乱れてホルモンバランスが崩れて、生理不順になったりもします。
ダイエットなどで生理が止まったりするのは、栄養不足によって卵巣機能が衰えるためです。
結果として女性ホルモン(エストロゲン)がの分泌が減り、肌や髪の毛が衰えてしまうことになるのです。

 

更年期移行はベースとしての女性ホルモンが減少し、どうしても若い頃とは違って肌の老化・毛髪の老化が顕著となってきます。
なんとなく髪のツヤが無くなった、ストレートだったのが少しウネリやクセが気になるようになったという40代女性は少なくありません。
毛髪のピークは25才頃なので、自覚しないまま髪の老化は始まっているのです。

ホルモンバランスを整える薄毛対策

更年期障害の治療としてホルモン補充療法を受けると、肌のハリや髪の毛のボリュームが改善したと感じる女性もいます。
女性ホルモンの極端な減少を緩やかにしたことによって、身体全体のトラブルを整え、オマケ的に肌や髪の老化を食い止めることが出来たのでしょう。
若い女性で生理不純がひどい場合は、生活習慣を見直すのとともに、婦人科で低用量ピルの処方を受けてホルモンバランスを整えるのも、結果的に薄毛対策となるかもしれませんね。