マイナチュレ完全ガイドブック

MENU

女性の薄毛の原因になる生活習慣ワースト5

女性の薄毛には、ホルモン変化が大きく関わっていますが、それだけではありません。
抜け毛や薄毛の原因は血行不良ですが、血行不良に至るさまざまな生活習慣もあります。
薄毛原因の生活習慣ワースト5を、お教えしましょう。

 

過度なダイエット

食生活は髪の毛にも影響し、髪の毛のもととなるたんぱく質不足や、栄養バランスは重要です。
肥満や脂っこい食生活、コンビニ食やファーストフードばかりというのも論外ですが、女性の場合は特にダイエットがキッカケとなるケースも増えています。
過度なダイエットで髪の毛に必要な栄養が不足し、頭皮にまで栄養が届かなくなってくると、まず髪のツヤが悪くなってきて、抜け毛につながってしまいます。

 

タバコとアルコール

薄毛の原因になる生活習慣ワースト5
アルコールの飲み過ぎ、喫煙習慣なども、抜け毛や薄毛の原因になります。
タバコのニコチン等の有害物質は頭皮の毛細血管を詰まらせ血流を阻害し、毛根に栄養が届かなくなってしまうのです。
アルコールも適量なら良いのですが、過度な飲酒は肝臓に負担をかけてしまい、発毛のための毛母細胞が作れなくなります。
身体に悪いものは、頭髪にも悪いのですね。

 

睡眠不足

薄毛の原因になる生活習慣ワースト5
髪の毛を成長させるホルモンは、夜10時~2時の眠っている間に活発に分泌されます。
美肌のためにも重要な時間として、美容に気を使う女性ならゴールデンタイムを知ってますよね。
ストレス過多で睡眠不足だったり、質の良い睡眠が十分にとれていないと、頭皮の血行も悪くなり、育毛を阻害する原因にもなるのです。

 

運動不足

薄毛の原因になる生活習慣ワースト5

 

頭皮の血流は、全身の血流と連動していて、運動不足では頭皮だけでなく全身の血流が低下しがちです。
ストレス発散のためにも、適度な運動は欠かせませんよね。

 

運動不足は体内の血液をドロドロにしてしまい、血行不良となりがちです。
身体の健康が薄毛にも影響を与えてしまうのです。

 


間違ったヘアケア

薄毛の原因になる生活習慣ワースト5
まずはパーマやヘアダイ、カラーなど髪の毛を傷めてしまうヘアケアや、紫外線による日焼けで、髪がパサパサに傷むことは知られています。
髪の毛はドンドン伸びて、次々と生えてくるという毛髪サイクルがありますが、毛髪だけでなく頭皮まで傷んでいると毛髪サイクルが乱れます。
つまり頭皮環境の悪化によって、髪の毛をつくる部分(毛根や毛母細胞)に皮脂が詰まったり、栄養が届かず、育毛できなくなり抜け毛となるのです。

 

洗浄力の強いシャンプーや、シャンプーしすぎなどの刺激によっても、頭皮を傷めてしまいます。
頭皮に優しいシャンプーや洗髪方法と、血行改善のための頭皮マッサージなどが大切ですね。
薄毛の原因となる生活習慣を見直すことにより、じっくり薄毛ケアを実施していきましょう。